SAT アメリカの大学進学適正試験(センター試験)

最終更新: 2018年5月

  関連コンテンツ: アメリカに住む日本人生徒の進路SATTOEFL英検JOESコンクール日本の大学日本の学校の体験入学AP Japanese

 

 アメリカの大学の入学審査は,高校の成績(特にJunior 高校3年目 のGPA,場合によっては Senior 高校4年目の前期のGPA),小論文,推薦状(カウンセラーや教科担任に依頼),SATあるいはACTのスコアで行われるところが多いです.

 このような情報は,高校の Sophomore(高校2年目)か Junior 対象の保護者対象の説明会で紹介されます.参加しないと
情報がないので後で進学したいと思っても手遅れになる可能性があります.

 

新SAT

 (2017年5月時点の情報)

開催数: 1年に7回

点数:   満点 1,600点

              (各科目 満点 800点,最低点 200点)

平均点: 全米で約1,000~1,100点

2017年度平均点: (参考:2017 total group report, Colleg Board)

 英語 533 Evidence-Based Reading and Writing

 数学 527 Marh

 合計 1060

試験時間: 参照 "What to Expect on Test Day", SAT, College Board

 受付: 7:45 - 8:00

 試験開始: 8:30 - 9:00 の間

 試験終了: エッセイも受ける場合 午後1時, エッセイ無しの場合 正午

 

 

旧SAT

開催数: 1年に7回

点数:   満点 2,400点,最低点 600点

              (各科目 満点 600点,最低点 200点)

平均点: 全米で約1,500点

   どのSATテストを受けても平均点(各 500点)に近くなるように工夫されている.

 

科目

(1) 読解 Reading

 65分 52問

(2) 文法 Writing & Language

 35分 44問

(3) 数学 Math Test (日本の数学科との対応関係を調べました)

 25分 20問 計算機使用不可

 55分 38問 計算機使用可能

(4)小論文 Essay

 50分 1題

 

 

SAT Subject

 各教科の科目別テスト(オプション)

 

関連情報

 SAT (大学進学適性試験) - Wikipedia

 SATの数学で高得点を取るには?アメリカ留学に必須のSAT攻略法<2016年版> -The Ryugaku

 SATのエッセイで高得点を取るには?アメリカ留学に必須のSAT攻略法<2016年版> -The Ryugaku
 

 

 

 

関連プロダクト

Amazon US

 

アマゾン 日本

 

 

 

SAT